共感営業®ノウハウを身につけて「売れる!」「楽しい!」そんなやりがいのある営業・販売スタイルに変えませんか?

※「共感営業」 は、長谷部あゆ(前川あゆ)が代表を務める 株式会社Shuka Berry の登録商標です 。

大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル

  1. 人前での話が上手な人・下手な人
 

人前での話が上手な人・下手な人

人前での話が上手な人・下手な人
共感の営業育成コンサルタント前川あゆです。

講師養成講座を約10年主催していました。
受講の理由で多かったのは

人前で上手く話せないから困っている。
・人前で上手く話したい!
・初対面の人とも上手く話せるようになって営業成績を上げたい
・プレゼンテーションが上手くなりたい
・自信をつけて、あがり症をなおしたい

というものでした。
講師の元NHKアナウンサーは
「もともとは人前で話すのがとても苦手でした。みなさん上手になりますよ」と言われ、
講座が終わる頃には受講生たちはみなさんとても上手になっていました。

100名の受講生以外にも
プレゼンセミナーやイベントで人前で話す多くの人を見てきました。
仕事以外でも。

で、私が一番感じたことは
話が下手な人の一番の特徴
それは、自分が「話が上手い」と思っている人です。

こおいう人はだいたい話がとても長いです。
その話はぜんぜん面白くない。
声が大きくてよく通っていて滑舌もよくてなめらかに話されるんですよ。
でも聞いてる方がうんざりしてるんです...
「話上手いだろう?俺(私)って」て思ってるんだろうな〜と。

なぜなのか。
シンプルに言うと、自分のために話しているからですね。
上手く話すって相手にどう感じてもらうか、
どう伝えるかということなので
相手のために話すことが大事ですよね。
反応を見るのも大事。
相手が退屈そうなら話を面白くする努力をするか
止めるという配慮も必要。
話の上手な人は常に相手の反応を見ながら話しています。
言いたいことを簡潔にまとめられる人のほうが、
話が上手い=相手に伝わる と私は思う。

講師養成講座の時もいっつも生徒さんに言ってました。
アナウンサーになるわけじゃないし
きれいになめらかに話さなくてもいい。
それよりも伝えたいことを相手に伝わるように話そうって。

コツをつかめばみるみる上達するんですよね。
興味のある方は
東京と大阪で半日セミナーやりますので
ぜひ学びにきてください。

■9/5大阪 9/12東京

 プレゼン&スピーチがたった半日で上達する共感テクニック講座 

 詳細・申込→ http://shukaberry.com/contents_269.html





【共感営業のノウハウが満載の本】お客様の満足をとことん引き出す「共感」の営業

【無料 参加者募集!】営業マン10000人応援プロジェクト


メルマガ「前川あゆの共感営業のヒント」




研修・講演ご依頼、お問い合わせ、マンツーマンサポートお申込みはこちら

お問い合わせはこちら

  • 営業や販売員がどんどん売ってくれる会社にしたい!
  • お客様満足度の高い営業組織をつくりたい!
  • 女性客への売り方を知りたい!
  • 個人のブランディングをしたい!

まずは、御社やあなたの課題やミッションをお聞かせください。

私にできる、御社にちょうどいい研修内容やサポートプランを提案します。


株式会社Shuka Berry

☎ 050-3369-1667 電話受付/9:00〜18:00

株式会社Shuka Berry 大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル9階[アクセス]


ご依頼・お問い合わせマンツーマンサポートお申込み