共感営業®ノウハウを身につけて「売れる!」「楽しい!」そんなやりがいのある営業・販売スタイルに変えませんか?

※「共感営業」 は、長谷部あゆ(前川あゆ)が代表を務める 株式会社Shuka Berry の登録商標です 。

大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル

  1. 「共感」と「同情」はどう違うのか
 

「共感」と「同情」はどう違うのか

「共感」と「同情」はどう違うのか
共感の営業育成コンサルタント 前川あゆです。


「共感」という言葉に、みなさんおおよそいいイメージを持っていると感じてます。
私は「共感営業」を商標登録し、書籍も出し、セミナーや講演や研修もしていて
「共感」というワードを発しない日はないほど「共感」ざんまいの日々です。
営業も接客も販売促進も、もっと言うと仕事以外でのコミュニケーションも含めて
すべて「共感」をキーワードに生きています!


ただ「共感」って広い意味を持っているので人によって定義は違いますよね。
営業において、どうしたら「共感」してもらえるのか。
これは、よく質問も受けますが、偶然を待つのではなくて、
営業側から「共感」を示すことが重要です。
そのためにはお客様の話をよく聴いて、態度と言葉に表すことがキモです。


ここで大事なのは、同じ感覚や同じ温度感です。
スピード、テンションもですが、使っている言葉そのものも
「共感」できるかできないかに大きく影響しています。


以前
「共感自分にいかに同情してもらえるかどうかってことですよね」と
言われたことがあります。
その方にとって「同情」と「共感」は同じ意味のようです。
でも私は、「同情」という言葉をプラスのイメージにとることができません...


「すごく共感しました!」と言われるとうれしいけど
「すごく同情しました!」と言われると複雑です。

「私に共感してくれたらうれしいです」はスムーズに入ってくるけど
「私に同情してくれたらうれしいです」だと「うーん」とひっかかります。


日本語っていろんな捉え方があるから難しいなと思うのですが
共感は同じ立ち位置、同情は両者の立場に上下があるイメージです。


ただ、辞書でひくとポジティブな意味もありますし
他人の身の上になって、その感情 をともにすること。」と
「共感」そのもの!ととれる解説もあります。



ですが、
やはり話し方や使う言葉そのものがその人を印象づけるので
自分が違うな〜とか、なんか引っかかるな〜という言葉が会話の中で強く残ると
その方に対しての「共感」は起きないんですよね。
私の中では「同情」という言葉がそれに当てはまります。


対策としては
いろんな人と話してみて、あんまりいいイメージにとらえられなかった言葉は
営業トークでは使わないようにしたほうが良いと私は思いますよ!




【共感営業ノウハウがしっかり身につく 前川あゆ の本→】お客様の満足をとことん引き出す「共感」の営業

 

【Facebookページに「いいね!」お願いします。共感営業のヒントを配信→】営業マン10000人応援プロジェクト


「メールマガジンの登録」は こちらから
      ↓↓↓↓↓                

メルマガ「前川あゆの共感営業のヒント」

研修・講演ご依頼、お問い合わせ、マンツーマンサポートお申込みはこちら

お問い合わせはこちら

  • 営業や販売員がどんどん売ってくれる会社にしたい!
  • お客様満足度の高い営業組織をつくりたい!
  • 女性客への売り方を知りたい!
  • 個人のブランディングをしたい!

まずは、御社やあなたの課題やミッションをお聞かせください。

私にできる、御社にちょうどいい研修内容やサポートプランを提案します。


株式会社Shuka Berry

☎ 050-3369-1667 電話受付/9:00〜18:00

株式会社Shuka Berry 大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル9階[アクセス]


ご依頼・お問い合わせマンツーマンサポートお申込み