共感営業®ノウハウを身につけて「売れる!」「楽しい!」そんなやりがいのある営業・販売スタイルに変えませんか?

※「共感営業」 は、長谷部あゆ(前川あゆ)が代表を務める 株式会社Shuka Berry の登録商標です 。

大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル

  1. 夜9:00近くに訪問してきた営業マンのNG
 

夜9:00近くに訪問してきた営業マンのNG

夜9:00近くに訪問してきた営業マンのNG
「共感される人材」育成講師の長谷部あゆ(前川あゆ)です。

みなさんのおうちには「飛び込み訪問」ありますか?
アポなしの片っ端から営業していく手法です。
先日、夜の9時近くに自宅のインターホンが鳴りました。
その時のやりとりです。


まず、ピンポーン♪となった瞬間、
こんな遅い時間に誰!って思いました。
もちろん外まで行きません。
インターホン越しにカメラで見ると
明らかに営業マン。


営業マン「こんにちは。○○工務店のものです」
私「はい」
営業マン「お昼何度来てもおられないので、この時間に来ました」
私の心の中「は?」
営業マン「この地域の担当ですのでご挨拶にまわってます」
私「用事ありませんけど」
営業マン「外まで出てきてもらえます?」
私「結構です」
営業マン「時間はかかりません。この地域全てまわらせてもらってます」
私「用事がないのでいいです」
営業マン「今はなくても先であるかもしれないのでその時のためにも」
私「無理です。親戚が工務店なんで(ウソ)」
そして強制的にインターホンを切る。


一部始終を聞いていた17歳の娘が「しつこいなぁ...」と。


えっとですね。
まず、なんで出てこれないの?みたいなテンションでずっと話されてましたけど、
女性ってアポなしは基本的に嫌なんですよ。宅配便でも夜遅いのは嫌なのに。
準備があるんです。メイクや髪型や服装ですよ。
夜の9時だなんてもうくつろぎタイムに入っていて
人に会えるようなキリッとした外見じゃないんですよね。


この話を男性にするとびっくりされます。
「知らない人にまで外見気にするの?」って。
気にしますよ〜。それが女ゴコロってものです。
それに、押せ押せでしつこくされると心を閉ざすだけですよ。
悪い印象のまま、仮に折れたとして無理に出てきてもらっても
次なんてないですからね!皆無ですよ!


地域の担当になったのも、夜に来たのも、挨拶したいのも
みーんな自己都合ですよね?
こっちのことをぜんぜん考えてくれてないのがわかります。
女性は「大事にされない」ことに敏感です。
自分を大事にしてくれない人からは買いたくありません。


そもそも
「この地域の担当になりました」っていうのがNGトークですからね。

女性客の心をしっかりつかんで「買いたい」につなげたい方は
この本を読んで勉強してください。
 ↓

女性の「買いたい」を引き出す 魔法の営業トーク

 

アマゾンの 営業・セールス部門、セールス・マーケティング部門、

ビジネス・経済部門の3部門1位独占!

アマゾン 総合ランキングで7位!(数百万点中)

東洋経済発表の『売れているビジネス・経済書200冊ランキング』10位!
紀伊國屋書店梅田本店ランキングのビジネス部門3位!








研修・講演ご依頼、お問い合わせ、マンツーマンサポートお申込みはこちら

お問い合わせはこちら

  • 営業や販売員がどんどん売ってくれる会社にしたい!
  • お客様満足度の高い営業組織をつくりたい!
  • 女性客への売り方を知りたい!
  • 個人のブランディングをしたい!

まずは、御社やあなたの課題やミッションをお聞かせください。

私にできる、御社にちょうどいい研修内容やサポートプランを提案します。


株式会社Shuka Berry

☎ 050-3369-1667 電話受付/9:00〜18:00

株式会社Shuka Berry 大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル9階[アクセス]


ご依頼・お問い合わせマンツーマンサポートお申込み