共感営業®ノウハウを身につけて「売れる!」「楽しい!」そんなやりがいのある営業・販売スタイルに変えませんか?

※「共感営業」 は、長谷部あゆ(前川あゆ)が代表を務める 株式会社Shuka Berry の登録商標です 。

大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル

  1. 前川あゆブログ「共感営業のヒント」
 

前川あゆブログ「共感営業のヒント」

前川あゆブログ「共感営業のヒント」

前川あゆの「共感営業」への想いやヒント、コンサルティングやセミナー情報、近況などをお知らせします。




【共感営業のノウハウが満載の本!】お客様の満足をとことん引き出す「共感」の営業


【参加者(無料)募集!】営業マン10000人応援プロジェクト
2017/10/11 「営業マンのためのLINEスタンプ」をプレゼントします!

3冊めの書籍

『女性の「買いたい」を引き出す 魔法の営業トーク』発売に合わせて、

「営業マンのためのLINEスタンプ」をつくりました


営業ウーマンの「キョウちゃん」と営業マンの「カンちゃん」

2人合わせて「キョウカン=共感」です!

ヤン坊・マー坊的な感じで(*^^*)

 

 

スタンプは40個!
すべて「営業マンあるあるのセリフ」付きです。

ぜひ同僚や知人とのやりとりに使って楽しい営業をしてほしい!

という願いを込めて作りました。

 

 

ちなみにキョウちゃんのモデルは私ですよ。

カンちゃんのモデルが誰だか

どうしても気になるという方はお問合せください(笑)

 

 

 

 

実は!

『女性の「買いたい」を引き出す 魔法の営業トーク』

を購入いただくと

このスタンプをプレゼントします!

人数限定ですので、欲しい!という方はお早めにお申し込みくださいね。

 

詳しくは「ありがとうキャンペーン」をご覧下さい。

こちら!

 

 

ただ、

製作から申請までスムーズにいけば1ヶ月ほど

と言われていましたが....

すでに2ヶ月とかなり時間がかかっております。

まだ申請待ちの状態。

しかも順番にお届けですので、

少し先になってしまうことをご了承ください。

 

ご応募お待ちしてます(*^^*)

 

 


2017/10/11 「名前変えました」と言った時の男女の反応がまるで違う

3冊めの書籍

『女性の「買いたい」を引き出す 魔法の営業トーク』

発売に合わせて


前川あゆ から 長谷部あゆ に改名したのですが

その話をすると、男女によってまるで反応が違いました。



男性は

「どうして?」「もったいない!」「変えずにビジネスネームのままいったらいいのに」

「普通変えないでしょう」「結婚しても離婚しても変えない人がほとんどですよ」と

とにかく大反対。



前川あゆの名前で講師の活動を10年していることや、

書籍を2冊出していることもあって、

いろいろ混乱するのでは?検索にかからなくなるからもったいない。

とご心配いただいてるのは分かります。



それに対して女性は

「へ〜」「そうなんだ」「いいんじゃない?」「気分一新ですね」と

反対した人は皆無。



この男女の反応の違いが見事に真っ二つだったのです。

まさに女性は「共感」です。

起きたことをとにかく受け入れることから始まる。

それに対して男性は「理由・根拠」を求めますね。



これって
私が書いた
『女性の「買いたい」を引き出す 魔法の営業トーク』の中の
男性客と女性客の違いとまったく同じです。



そして
「デメリットなのにどうして名前を変えるの?」と聞かれたときの

私の答えは
「だって変えたいから」


男性には???だと思いますが

女性には「わかるわかる〜」と言ってもらえるのです。


 

複雑な女ゴコロを知って仕事にいかしたい方、
女性客に売っている方は、ぜひ読んで研究してください!

『女性の「買いたい」を引き出す 魔法の営業トーク』




2017/10/09 東京・大阪での「新刊記念セミナー」が終了しました

『女性の「買いたい」を引き出す 魔法の営業トーク』

「 新刊記念セミナー」を東京と大阪で開催しました。


東京では静岡や岡山からも!

大阪では宮城県仙台や熊本からも!

わざわざ私のセミナーのためのご参加うれしかったです!!

 

みなさまの温かい応援をパワーにしてこれからも

『女性の「買いたい」を引き出す 魔法の営業トーク』 を

たくさんの方に読んでいただけますよう、がんばって進んでいきます!

 

感謝の気持ちを込めて「ありがとうキャンペーン」を継続中です。

ぜひまわりの方にお伝えいただけたらうれしく思います。

これからもよろしくお願いします。

 

ありがとうキャンペーン
→ http://shukaberry.com/contents_413.html

 

 


2017/10/02 夜9:00近くに訪問してきた営業マンのNG
「共感される人材」育成講師の長谷部あゆ(前川あゆ)です。

みなさんのおうちには「飛び込み訪問」ありますか?
アポなしの片っ端から営業していく手法です。
先日、夜の9時近くに自宅のインターホンが鳴りました。
その時のやりとりです。


まず、ピンポーン♪となった瞬間、
こんな遅い時間に誰!って思いました。
もちろん外まで行きません。
インターホン越しにカメラで見ると
明らかに営業マン。


営業マン「こんにちは。○○工務店のものです」
私「はい」
営業マン「お昼何度来てもおられないので、この時間に来ました」
私の心の中「は?」
営業マン「この地域の担当ですのでご挨拶にまわってます」
私「用事ありませんけど」
営業マン「外まで出てきてもらえます?」
私「結構です」
営業マン「時間はかかりません。この地域全てまわらせてもらってます」
私「用事がないのでいいです」
営業マン「今はなくても先であるかもしれないのでその時のためにも」
私「無理です。親戚が工務店なんで(ウソ)」
そして強制的にインターホンを切る。


一部始終を聞いていた17歳の娘が「しつこいなぁ...」と。


えっとですね。
まず、なんで出てこれないの?みたいなテンションでずっと話されてましたけど、
女性ってアポなしは基本的に嫌なんですよ。宅配便でも夜遅いのは嫌なのに。
準備があるんです。メイクや髪型や服装ですよ。
夜の9時だなんてもうくつろぎタイムに入っていて
人に会えるようなキリッとした外見じゃないんですよね。


この話を男性にするとびっくりされます。
「知らない人にまで外見気にするの?」って。
気にしますよ〜。それが女ゴコロってものです。
それに、押せ押せでしつこくされると心を閉ざすだけですよ。
悪い印象のまま、仮に折れたとして無理に出てきてもらっても
次なんてないですからね!皆無ですよ!


地域の担当になったのも、夜に来たのも、挨拶したいのも
みーんな自己都合ですよね?
こっちのことをぜんぜん考えてくれてないのがわかります。
女性は「大事にされない」ことに敏感です。
自分を大事にしてくれない人からは買いたくありません。


そもそも
「この地域の担当になりました」っていうのがNGトークですからね。

女性客の心をしっかりつかんで「買いたい」につなげたい方は
この本を読んで勉強してください。
 ↓

女性の「買いたい」を引き出す 魔法の営業トーク

 

アマゾンの 営業・セールス部門、セールス・マーケティング部門、

ビジネス・経済部門の3部門1位独占!

アマゾン 総合ランキングで7位!(数百万点中)

東洋経済発表の『売れているビジネス・経済書200冊ランキング』10位!
紀伊國屋書店梅田本店ランキングのビジネス部門3位!









2017/09/27 紀伊國屋書店ランキングで3位!東洋経済ランキングでベストテン入り!

9/15発売の私の書籍

女性の「買いたい」を引き出す 魔法の営業トーク

 

が、東洋経済が発表した『売れているビジネス・経済書200冊ランキング』で

10位!になりました。圏外からいっきにベストテン入りの快挙です!

さらに、紀伊國屋書店梅田本店ランキングのビジネス部門で現在3位です!


アマゾンの 営業・セールス部門、セールス・マーケティング部門、

ビジネス・経済部門の3部門1位独占!

アマゾン 総合ランキングで7位!の6つの快挙です。


 

記念いたしまして

「ありがとうキャンペーン」を開催しています。

 

どこの書店でもネットでも

『女性の「買いたい」を引き出す 魔法の営業トーク』を

ご購入いただいた方には、豪華特典をお届けします。

5冊以上まとめ買いいただいた方には

さらにスペシャルな特典を用意してます。

 

 

紀伊國屋書店 新宿店・三省堂書店 有楽町店・紀伊國屋書店 梅田本店には、

たくさん置いていただいてます(9月末まで)

 

 

読んだからは「面白い!」「目からウロコ」「読みやすくてすぐに実践できそう」

「絶対に読むべき!」と大絶賛いただいてます。

ぜひこの本に興味のありそうな方にもお知らせいただけたら幸せです。

 

「ありがとうキャンペーン」→ http://shukaberry.com/contents_413.html

 

 

追伸:読んでいただいた後、アマゾンレビューを投稿いただきましたら

 

   ささやかなプレゼントをお渡ししますので、メールでお知らせくださいね。

 


1  2  3  >  >>
研修・講演ご依頼、お問い合わせ、マンツーマンサポートお申込みはこちら

お問い合わせはこちら

  • 営業や販売員がどんどん売ってくれる会社にしたい!
  • お客様満足度の高い営業組織をつくりたい!
  • 女性客への売り方を知りたい!
  • 個人のブランディングをしたい!

まずは、御社やあなたの課題やミッションをお聞かせください。

私にできる、御社にちょうどいい研修内容やサポートプランを提案します。


株式会社Shuka Berry

☎ 050-3369-1667 電話受付/9:00〜18:00

株式会社Shuka Berry 大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル9階[アクセス]


ご依頼・お問い合わせマンツーマンサポートお申込み