共感営業®ノウハウを身につけて「売れる!」「楽しい!」そんなやりがいのある営業・販売スタイルに変えませんか?

※「共感営業」 は、前川あゆが代表を務める 株式会社Shuka Berry の登録商標です 。

大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル
  1. 前川あゆブログ「共感営業のヒント」
 

前川あゆブログ「共感営業のヒント」

前川あゆブログ「共感営業のヒント」

前川あゆの「共感営業」への想いやヒント、コンサルティングやセミナー情報、近況などをお知らせします。




【共感営業のノウハウが満載!】お客様の満足をとことん引き出す「共感」の営業


【参加者(無料)募集!】営業マン10000人応援プロジェクト
2011/08/30 難しく考えると自分が疲れるだけ

はじめて仕事に就いたときは研修でいろんなことを教えてもらいました。

接客のマニュアルトークを商品ごとにロールプレイングをして念入りに。

でも現場では、その通りにはいきません!

 

はじめは、なんで?と悩んだりおちこんだり...。

 

でも難しく考えると疲れてしまっていいことは全くなかった。

いろんな人がいるんだからいろんなパターンがあって当然。

そう考えるようになってからは、気持ちがラクになって

結局それが自信へとつながりました。

 

自信は自分を信じること。



営業マン10000人応援プロジェクト

2011/08/30 言葉のパワーは大きい

言葉ってすっと頭に入ってきます。

否定的な言葉を使うとそのイメージが頭の中に浮かんでしまうので、

肯定的な表現になおすようにしています。

 

それはチラシやホームページで文字にするときも言葉で発するときも同じです。

言葉はそのイメージ通りの考えをひきよせてしまいます。

たとえば「住まいにお悩みをお持ちの方」とするよりも

「住まいがもっとこうなればいいなという夢をお持ちの方」とするほうがいい。

 

同じような意味ではあるけれど前者だと悩み相談になってしまい

先の話までつながらなかったのに、

後者だと夢がどんどん膨らみ、お客さんのほうから「見積もりしようかな」と

ぐっと先まで進んだのです。



営業マン10000人応援プロジェクト

2011/08/30 喜怒哀楽をちゃんと表現しよう

子どもって喜怒哀楽がはっきりと顔に出ます。

笑っている子どもの笑顔を見ると自然と笑顔になります。

すぐに泣くけど立ち直りも早い。

わかりやすいんです。

 

何を考えているかわからない人よりも、何を考えているかわかる人の方が安心できる。

接客や営業もそうだと思います。

大人になると変に常識や体裁に縛られたりしますが、

心を開かないように見えると相手も同じになります。

 

じゃあ、子どもみたいにストレートな表現のほうがわかりやすくていいんじゃないか、

受け入れてもらえるのではないかと気づきました。

頭で深く考えずに気持ちを表現する。言葉に出して言う。

 

「うれしいです」

「楽しいです」

「哀しいですね」

「それは腹が立ちますね」と。

 

「私はこう考えています」「こう思っています」

このように自分から喜怒哀楽を表現するようになってから、

お客さんとの距離がぐっと近づきました。



お客様の満足をとことん引き出す「共感」の営業

<<  <  25  26  27 

お問い合わせはこちら

  • 営業や販売員がどんどん売ってくれる会社にしたい!
  • お客様満足度の高い営業組織をつくりたい!
  • 女性客への売り方を知りたい!
  • 個人のブランディングをしたい!

まずは、御社やあなたの課題やミッションをお聞かせください。

私にできる、御社にちょうどいい研修内容やサポートプランを提案します。


☎ 050-3369-1667 電話受付/9:00〜18:00

研修・講演・ブランディングのご依頼、お問い合わせはこちら