共感営業®ノウハウを身につけて「売れる!」「楽しい!」そんなやりがいのある営業・販売スタイルに変えませんか?

※「共感営業」 は、長谷部あゆ(前川あゆ)が代表を務める 株式会社Shuka Berry の登録商標です 。

大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル

  1. 前川あゆブログ「共感営業のヒント」
 

前川あゆブログ「共感営業のヒント」

前川あゆブログ「共感営業のヒント」

前川あゆの「共感営業」への想いやヒント、コンサルティングやセミナー情報、近況などをお知らせします。




【共感営業のノウハウが満載の本!】お客様の満足をとことん引き出す「共感」の営業


【参加者(無料)募集!】営業マン10000人応援プロジェクト
2015/07/29 飛び込み営業とアポ取り営業、どちらがいいのか?

共感の営業育成コンサルタント 前川あゆです。

新コーナー「営業女王・前川あゆの愛のダメ出し ズバリ言います!」に
早速ひとつめの質問です。


Q.飛び込み営業とアポを取ってからの営業ではどちらの方が仕事が取れますか?

A.ズバリ言います!
 あなたがやりやすい方でやってください!

 会社やお店や家に片っ端からアポなしで訪問して営業していく方法を
 「飛び込み営業」と言い、インターネットがなかった時代は「営業の王道」でした。
 全く興味のない人にも営業するわけですから、断られるのはあたりまえ。
 冷たくされたり、怒られたり、無視をされたりもします。それに耐えうるだけの
 打たれ強さがいるがゆえに別名「体育会系営業」とも言われています。

 現在でも会社にも自宅にも飛び込み営業は頻繁にあります。
 売る商品、ターゲット層、地域性、ブランド力によって
 飛び込み営業の効果が出ることもあるでしょう。

 
「愛のダメ出し」をします

 電話やメールでアポを取ることが苦手という人がいます。
 飛び込みのほうが直接顔を見て話せるから楽だという人がいます。
 断られると逆に燃えるという人もいれば、
 私みたいに断られると凹んで営業のやる気をなくすという人もいます。
 アポをとってからいくほうが効率的だという人がいます。
 私の「共感営業」は会う前から共感した相手に営業をするとしているので
 アポ取り営業です。飛び込み営業は決してしません。

 どっちでもいいんですよ。
 あなたがやりやすい方、得意な方でやれば。
 でも、両方やってみてからどちらが自分に合っているのかを決めてくださいね。
 何もやっていないのに、どっちがいいか聞いてやるなんてダメです!
 ただ、飛び込み営業でひとつだけ注意点があります。
 決済権のある人と話さないと、名刺を集めるだけじゃ意味ないですよ。
 以上です!

 

 「営業女王・前川あゆの愛のダメ出し ズバリ言います!」では
 前川あゆへの営業、販売、接客に関する疑問やお悩みを受け付けています。

 前川あゆにズバリ言って欲しい方、優しく叱って欲しい方は
 以下フォームの「愛のダメ出し」を選択してお申し込みください。
 応募多数の場合は、こちらで選択させていただきますことをご了承ください

 申し込みはこちら→ ご依頼・お問い合わせ




2015/07/29 新コーナー「営業女王・前川あゆの愛のダメ出し ズバリ言います!」スタート
共感の営業育成コンサルタント 前川あゆです。
昨日、質問に答える形で美容師の店販で売るノウハウについてお伝えしたところ
大好評でした。

普段、研修や講演で営業や販売、接客に関する様々な質問をいただきます。
私は化粧品、住宅リフォーム、広告といずれもトップセールスでした。
化粧品では日本一の売上、住宅リフォームでは年間1億円の売上、広告では最高平均の6倍の売上でした。
「営業の女王」と呼ばれたのもその経歴からです。BtoC、BtoBともに実績があります。
そして現在はコンサルタントや講師として、他業界での営業を指導し実績も出しています。
営業のプロとして、売る自信と、売る営業社員を育成する自信があります。


もともとは営業は嫌いでした。自信が全くなかったので。
断られるのは嫌。値切られるのも嫌。お願い営業も嫌。
だから、初めから喜んで買ってくれる人に営業したい。
そう考えて、苦労と挫折と努力の上にあみだした「共感営業」のメソッド。
「ありがとう!」と言われてどんどん売れていく営業は最高に楽しい。
お客様に感謝されます。必要とされます。

だから、営業が苦手なみなさんにこの方法をお伝えしたい!と
という本を書き、全国でコンサルティング、研修、セミナーをしています。


根本には 営業マン(&ウーマン)の救世主になりたい! という強い使命感があります。


そこで、このHPのブログ内で
新コーナー「営業女王・前川あゆの愛のダメ出し ズバリ言います!」をスタートします。
営業、販売、接客にお悩みの方、前川あゆにズバリ言って欲しい方、優しく叱って欲しい方の
相談を受け付けます。以下フォームの「愛のダメ出し」を選択してお申し込みください。
応募多数の場合は、こちらで選択させていただきますことをご了承ください

申し込みはこちら→ ご依頼・お問い合わせ

お待ちしてますね。




【共感営業のノウハウが満載の本】お客様の満足をとことん引き出す「共感」の営業

【無料 参加者募集!】営業マン10000人応援プロジェクト


メルマガ「前川あゆの共感営業のヒント」




2015/07/28 美容室の店販でどうしたら売れるようになるのか?
共感の営業コンサルタント 前川あゆです。

先日、美容師の方から質問されました。
「どうしたら店販で売れるようになりますか?」と。


通常、美容室にお客様は
カットやカラーやパーマなどの施術に行きます。
その時に、シャンプーやトリートメントなどのヘアスタイリング剤や
美容室によっては置いている化粧品を売ることを
「店販(てんぱん)」と言うそうです。店舗販売の略ですね。
サロンも同様で、よくこの質問をされます。


美容師やセラピストは技術職。
接客業だからトークは得意な人はいても「営業」は苦手な人が多い。
施術に来ているお客様に商品を買ってもらうには
営業テクニックが必要なので、私がお客の時も買ったことがほぼないし、
買っている人を見たこともほとんどない。


ではどのようにしたら売れるようになるのか。
というか売れない大きな原因を私が感じているので
実際に何度か営業されて思ったことをズバリ書きます。


ほとんどが
・シャンプーしている時に、シャンプーやトリートメント剤をすすめてくる。
・ブローしている時に、スタイリング剤や機器をすすめてくる。


これNGです。
なぜなら、直接目を見てない。そして「ながら」作業。
シャンプーの時は目をつぶっていたりタオルをかけられています。
目が見えない状態で身動きできない状況で営業されるのは心理的にコワいです。
だから話に集中できない。
美容師もシャンプーしながらだから集中できないですよね。
ブローも同じ。鏡越しに目を合わせてもダメ。


営業のプロから言わせていただくと「当たり前」ができていない!
「営業」はちゃんと目を見てしましょう。
「ながら」ではなく営業に専念しましょう。


ではどうしたらいいのか?
例えば、最後に時間をとって髪のお手入れについてアドバイスしたり
ヘアケアの悩みの相談にのる時間をとればいいのでは?
できればソファーに座って一緒にお茶でも飲みながら。
悩みを解決するお客様に合った商品をおすすめすると今より売れますよ。


さらに、売れる営業としてのアドバイスですが
その商品、営業する前にちゃんと自分でも使ってくださいね。
で、本当に気に入った商品をマニュアルトークだけではなく
自分の言葉でお客様におすすめしてください。


それともっと根本的な話ですが
「お店(会社)に言われてるから」「ノルマがあるから」→ 売らなくてはいけない
「美容師なのに」→ なんで商品を売らないといけないの?
なーんていう心理状態では売れません。
ここは、オーナーや店長が「なぜ私たちは商品をおすすめするのか」という
想いや使命をきちんとスタッフに伝えてあげてください。



【共感営業のノウハウが満載の本】お客様の満足をとことん引き出す「共感」の営業

【無料 参加者募集!】営業マン10000人応援プロジェクト


メルマガ「前川あゆの共感営業のヒント」












2015/07/27 人前での話が上手な人・下手な人
共感の営業育成コンサルタント前川あゆです。

講師養成講座を約10年主催していました。
受講の理由で多かったのは

人前で上手く話せないから困っている。
・人前で上手く話したい!
・初対面の人とも上手く話せるようになって営業成績を上げたい
・プレゼンテーションが上手くなりたい
・自信をつけて、あがり症をなおしたい

というものでした。
講師の元NHKアナウンサーは
「もともとは人前で話すのがとても苦手でした。みなさん上手になりますよ」と言われ、
講座が終わる頃には受講生たちはみなさんとても上手になっていました。

100名の受講生以外にも
プレゼンセミナーやイベントで人前で話す多くの人を見てきました。
仕事以外でも。

で、私が一番感じたことは
話が下手な人の一番の特徴
それは、自分が「話が上手い」と思っている人です。

こおいう人はだいたい話がとても長いです。
その話はぜんぜん面白くない。
声が大きくてよく通っていて滑舌もよくてなめらかに話されるんですよ。
でも聞いてる方がうんざりしてるんです...
「話上手いだろう?俺(私)って」て思ってるんだろうな〜と。

なぜなのか。
シンプルに言うと、自分のために話しているからですね。
上手く話すって相手にどう感じてもらうか、
どう伝えるかということなので
相手のために話すことが大事ですよね。
反応を見るのも大事。
相手が退屈そうなら話を面白くする努力をするか
止めるという配慮も必要。
話の上手な人は常に相手の反応を見ながら話しています。
言いたいことを簡潔にまとめられる人のほうが、
話が上手い=相手に伝わる と私は思う。

講師養成講座の時もいっつも生徒さんに言ってました。
アナウンサーになるわけじゃないし
きれいになめらかに話さなくてもいい。
それよりも伝えたいことを相手に伝わるように話そうって。

コツをつかめばみるみる上達するんですよね。
興味のある方は
東京と大阪で半日セミナーやりますので
ぜひ学びにきてください。

■9/5大阪 9/12東京

 プレゼン&スピーチがたった半日で上達する共感テクニック講座 

 詳細・申込→ http://shukaberry.com/contents_269.html





【共感営業のノウハウが満載の本】お客様の満足をとことん引き出す「共感」の営業

【無料 参加者募集!】営業マン10000人応援プロジェクト


メルマガ「前川あゆの共感営業のヒント」





2015/07/27 私のセミナー講師本がランキングで4416冊中7位!

共感の営業コンサルタント 前川あゆです。


書評家の「本のソムリエ」さんが毎日一冊の本を紹介してくれるメルマガ。

私の2冊もご紹介いただき、

「セミナー講師育成率NO.1のセミナー女王が教える 売れるセミナー講師になる法」は90点

「“ストレスフリー”な営業をしよう! お客様の満足をとことん引き出す「共感」の営業」は91点と、

2冊とも☆5つの高評価をいただいてます(*^^)v

 

 

昨日、フェイスブックの「いいね」人気書評ランキングが発表されました。

なにげに見てみると4416冊中、

私の「セミナー講師育成率NO.1のセミナー女王が教える 売れるセミナー講師になる法」が

なんと7位に入ってるじゃないですか!

 

 

紹介されている講師本は何冊もあり、私よりも有名人が書いているものや

私のよりも評価点数が高いのもあるにもかかわらず、講師本では1位です。

1位!(*^^)v 

みなさまのおかげです。テンションあがってます!

 

 

ランキングはこちら→ http://1book.biz/facebook-ranking.html


7位を獲得した「セミナー講師育成率NO.1のセミナー女王が教える 売れるセミナー講師になる法」


【共感営業のノウハウが満載の本】お客様の満足をとことん引き出す「共感」の営業

【無料 参加者募集!】営業マン10000人応援プロジェクト


メルマガ「前川あゆの共感営業のヒント」

2015/07/16 「たったの○○円ですよ!」という営業トークの間違った使い方
共感の営業育成コンサルタント 前川あゆです。


先日知らない会社の知らない人から営業電話がありました。
感じの良い方だったので少しお話を聞いてみました。
前置きがとても長かったので、何を売りたいのかを察するまでに
時間がかかったのですが、SEO対策のシステムを売っているようでした。


声から判断すると20代くらいの若い男性で
よく勉強されているのか、会社に営業マニュアルがあるのか
声のトーンやペースや進め方は、けっこううまくできているな〜と感じました。
でも、話を進めていくとマニュアル通りというか、
相手(私)の気持ちを汲み取れない感はありました。
営業ってマニュアル通りにはいかないですからね。
ましてや電話は顔が見えないから、対面よりも察する力が必要です。


クロージングに入ってきて
「このシステム月々たったの4万円ですよ」というセリフに
「魅力感じないですね」と冷たく返してみると
「えー!たったの4万円なんですよ。たったのですよ!」と強調してくる。


残念!
「たったの」の使い方を間違ってます。
だって、あなたの価値観を押し付けているだけですから。
「たったの」かどうかを判断するのはお客様です。
価値を感じていないものには、
例え10円だって無料だって不要なんですよ!
連呼されたからと言ってまったく影響されません。
「共感の営業」と真逆な「価値観の押し付け営業」。


「たったの」が効果的なのは
今同じシステムをもっと高い金額で使っていたり、
使っていないけど興味があって相場を知っている場合です。


この営業マンは相場を言ってもくれなかったし、そもそも私興味ないですし。
片っ端からのテレアポだろうから仕方ないけど
リストアップの時点で、現在使っているであろう企業に絞ったほうが
「たったの」は効果的に使えますよ。
そうじゃない場合は、相場や比較対象を明確に伝えた後に使ってくださいね。


でも一番重要なのは相手(お客様)の気持ちに寄り添う、
であることは忘れないでください。




【共感営業のノウハウが満載の本】お客様の満足をとことん引き出す「共感」の営業

【無料 参加者募集!】営業マン10000人応援プロジェクト


メルマガ「前川あゆの共感営業のヒント」









2015/07/15 前川あゆの近況報告(7月)

こんにちは。前川あゆです。

ここ数日かなり暑いですね。

私は夏バテ気味ですが、みなさんはお元気ですか?

 

 

1. 前川あゆの近況報告

2. 新事業「共感の営業育成コンサルティング」

3. 東京と大阪でセミナーと講師グランプリを開催

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1. 前川あゆの近況報告(プライベート)

 

 

私の娘(高校1年生)が1週間前に突然

女子サッカー部に入りました!びっくりです。

中学は3年間バスケットボール部でしたが

高校では今までお料理クラブだったんです。

 

 

部員が足らなくて友達数名から誘われたそうで。

なでしこジャパンの影響もあって、本人は盛り上がって

リフティングの練習を家でしてますね。

楽しそうに練習に参加しているのがなによりです。

人生で、スポーツでも趣味でも学びでも

楽しめることがあるのはいいことですね!

 

 

私は気の合う知人と美味しいものを食べて飲んでる時と

トイプードルのレオと遊んでる時が楽しいです。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2. 新事業「共感の営業育成コンサルティング」

 

 

私の会社「株式会社Shuka Berry」はシュカベリーと読みます。

社内ベンチャーで6年前に起業しました。

会社は広告・出版・イベントなどで販売促進をお手伝いする事業で

今につながる「セミナープロデュース」の仕事は

会社員時代からだと10年になります。

 

 

すべてが

「こおいうのをやってくれない?」

「どうしたらできるようになるの?」というお客様のご要望に応えたい!という

使命感からどんどん仕事を増やしていったので

講師養成、著者育成に加えて、私の講演や研修のジャンルもどんどん

広がっていきました。

 

 

「前川さんの本業って何ですか?」「メインは何ですか?」と聞かれると

「共感プロデューサーです」と答えていたのですが、わかりづらいみたいで。

1年くらい前から、方向性をより明確にしたい!と考えていました。

 

 

お客様に求められることをたくさんやって、その中でも

自分がこれから力をいれてやっていきたいことでお客様にも期待されていることを

1年間かけて自分の中で整理して考え抜いたところ

私の最も得意な「営業」ノウハウをしっかり伝えていきたい、

ひとりひとりの営業マン&ウーマンが使えるように指導していきたい

というのがはっきりしました。



そこで、肩書きを「共感の営業育成コンサルタント」と決めました!

ホームページも一新しました。

今後は「共感の営業育成コンサルティング」に力をいれます。

想いがたくさんあって、長くんなりそうなので、

後日、あらためて詳細を伝えますね。

まずは、ホームページをじっくり見ていただけたらうれしいです。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3. 東京と大阪で、セミナーと講師グランプリを開催

 

 

去年開催して好評だった平野友朗さんとのコラボ企画

今年もリクエストにお応えして、東京と大阪でやります。

セミナー受講者、グランプリ出場者、一般審査員を募集します。



■9/5大阪 9/12東京

 プレゼン&スピーチがたった半日で上達する共感テクニック講座 

 詳細・申込→ http://shukaberry.com/contents_269.html



■10/24大阪 10/31東京

 セミナー講師グランプリ 出場者&一般審査員募集

 詳細・申込→ http://shukaberry.com/contents_271.html

 

 

  

ではでは、暑い日が続きます。

台風も来ていますので、十分にお気をつけくださいね。



前川あゆ  株式会社Shuka Berry

 


【共感営業のノウハウが満載の本】お客様の満足をとことん引き出す「共感」の営業

【無料 参加者募集!】営業マン10000人応援プロジェクト


メルマガ「前川あゆの共感営業のヒント」





2015/07/07 テレアポという営業スタイル
共感の営業コンサルタント 前川あゆです。

テレアポ、テレフォンアポイントメントの略で、電話で会う約束をとること。
昔はテレアポと飛び込み訪問が営業の主流であり、王道でした。
片っ端から攻めていくスタイルが「プッシュ営業」とも言われます。


私も営業になりたての20年前や、転職したての10年前は
ここからスタートしました。
「100件のうち99件断られても1件アポイントがとれたら
報われる!がんばれ!」と先輩に教えられましたが
でも、私は苦手です...なんせ打たれ弱い性格なので、
3件冷たくされると落ち込みます。


だから、前川あゆの「共感の営業」メソッドでは
片っ端から闇雲にテレアポや飛び込み訪問はしません。
準備にたくさん時間をかけて、「数打ちゃ当たれ」でななく
冷たくされることなく、快く会いたいと思っていただける
方法を教えています。


ただ、片っ端からのテレアポや飛び込み訪問を否定しているわけではありません。
自分に合うかどうかというだけです。テレアポは専門の代行会社もありますし
苦手なところはプロにまかせるという方法もありでしょう。


会社宛にも自宅宛にも様々なテレアポ電話があります。
私は営業のプロなので少々きびしい感想を持つのですが
いろんな方法があるのは興味深いです。
正直、少し話しただけで、売れる営業社員か売れない営業社員かは
すぐにわかります。


先日びっくりしたのは
いきなり「事務所が引っ越す予定はありますか?」という質問から
始まった人でした。その会社は事務所の引越しや改装や模様替えを
している様ですが、第一声がこれではどうなんだろうか....
もし質問するとしても、共感してもらえるのは「あるある」な話題です。
電話を片っ端からかけて、引越しを検討していてかつ業者が決まっていない
会社の割合って限りなく少ないでしょう...
それなら、不動産業者などと組んで可能性を高くしたほうが
効率がいいですよね。

私は効率重視です。
どんなスタイルであれ、会社の営業ノルマを達成できて会社に貢献できる方法で
かつ自分が辛くない、むしろ楽しい方法をとことん追求します。
それが「共感の営業」なんですよね。



【共感営業のノウハウが満載の本】お客様の満足をとことん引き出す「共感」の営業

【無料 参加者募集!】営業マン10000人応援プロジェクト


メルマガ「前川あゆの共感営業のヒント」



2015/07/05 私のホームページの話

共感の営業コンサルタント 前川あゆです。


約10年前に作ったもうひとつのホームページ。

会社員時代に社内ベンチャーで起業したから、会社員の時にプロに作ってもらったもの。

はじめは女性を応援するコミュニティ、そこからセミナーやイベントをたくさんやって、

その流れでセミナー講師を養成することになって

「セミナー講師デビュー☆プロジェクト」を立ち上げて100人近い人を育てて、

そうこうしているうちに起業して私が出版したら、今度は講師依頼がどんどん入ってきて、

著者育成も始めて。取引先も企業が増えてきたので、

3年くらい前に企業向けのホームページを別にもうひとつ作りました。

http://shukaberry.com/

 

 

で、ずっとふたつのホームページをやってきたのだけど、

もともとのはツギハギだらけになってどんどん今やっていることとのギャップがでてきて...

ホームページだけじゃなくて、告知ページも2〜3つ、ブログも2つ、顧客管理ソフトも2つ、

といろいろややこしくて。それでも企業向けと一般向けだからと3年は並行していました。

外から見ると、結局何をやっている人なの?となっていってました。

 

 

このたび、企業向けのコンサルタント業に力をいれることになって、

こちらのホームページを改良している時に、

ふと一般向けの10年前に作っホームページを閉鎖しようかと思いつきました。

でも10年間積み重ねたものがあまりにも多すぎて、正直躊躇していました。

先月の10日頃のできごとです。その3日後に平野友朗さんのセミナーの参加したので、

この悩みを打ち明けたところ、今後のために閉鎖したほうがいいと背中を押されたので決断しました!

「私の思い出はどうなるんですか?」なんて質問をしてしまいましたが...(^^;) 

思い出は私の中に実績としてしっかり残っているんだと、気づかせていただきました。

 


それから半月、ついに10年間使っていたホームページが見えなくなりました。
今はスッキリしています。決断するまでは、いろいろ大変なんじゃないかと思ってましたが、
やってしまえば何てことない、一瞬で終わるし、もうすっかり切り替えれている自分がいます。


新しいモノを手に入れたかったら古いものを捨てないとね。キャパオーバーだったし。
断捨離!新しい楽しい未来が見えます。




【共感営業のノウハウが満載の本】お客様の満足をとことん引き出す「共感」の営業

【無料 参加者募集!】営業マン10000人応援プロジェクト



メルマガ「前川あゆの共感営業のヒント」


2015/07/05

主催:株式会社Shuka Berry  協力:株式会社アイ・コミュニケーション

 

┏━−━−━−━−━−━−━−━−━−━−━−━−━−━−━−━−━−━−━−━−━−━−━┓

  いっきに「自分ブランド」が加速するチャンス!

    第7回セミナー講師グランプリを10/24大阪、第8回セミナー講師グランプリを10/31東京で開催!

┗━−━−━−━−━−━−━−━−━−━−━−━−━−━−━−━−━−━−━−━−━−━−━┛ 

 

2010年7月に第1回目をスタートしたあの人気の「講師オーディション」がパワーアップして

「セミナー講師グランプリ」となり、久々に開催された去年。大いに盛り上がりました。

多くのリクエストに応えて、今年も10/24大阪、10/31東京の2ヶ所で開催が決定しました!



講師自身が主役となるパフォーマンスでの勝負!

パワーポイントなどPC使用はなし、でのホンモノの実力の差を競う戦いになります。

機械もの以外なら、ホワイトボード、フリップ、紙芝居、コスプレ、音楽、歌、ダンス、

小物などは使っていただいてもOKです。

 

 

優勝者には数々の特典があります。講師依頼、商業出版の夢にもつながるチャンスです!

我こそはという方の出場と、白熱する戦いをライブで見たい方のご参加をお待ちしてます!

 

 

───────────────────────────────────────────

 

【出場者 申し込みの流れ】

 

 下記フォーム(このページの一番下)からお申し込み 

  ↓

 エントリーシート提出 ※書類締切日9/30(水) 

  ↓

 審査

  ↓

 審査結果発表(発表者・最大7名) ※10/7(水)予定

  ↓

 10/24(土)10/31(土)希望地での本選に参加!




【当日の流れ(予定)】

 

 タイムスケジュールと審査方法を説明

 

 ※前川あゆと平野友朗さんはひとり50点満点で採点

 ※一般参加者には一番よかった人ひとりに投票

 

  ↓

 前川あゆのミニ講座  

  ↓

 発表順の抽選  

  ↓

 順次発表 ※途中休憩含む

  ↓

 発表ごとに前川あゆと平野友朗さんから審査コメントあり

  ↓

 一般審査員の投票

  ↓

 平野友朗さんのミニ講座 (その間に審査集計)

  ↓

 特別賞、準優勝、優勝の順に発表!





【過去の出場者】

  ◆社会保険労務士  ◆会社員  ◆弁理士  ◆税理士  ◆保健師  ◆コーチ  ◆心理カウンセラー  

  ◆小学校教諭  ◆コンサルタント  ◆コミュニティ運営者  ◆海外ネットショップ運営  ◆助産師

  ◆フィットネスインストラクター ◆セラピスト  ◆翻訳家  ◆研修講師 ◆セミナー講師 ◆管理栄養士

  ◆主婦  ◆高級クラブ 経営者 ◆サロンオーナー ◆教習所教官 

 

───────────────────────────────────────────  

 【前回優勝者の感想】


☆大阪大会☆

野間 信行(のま のぶゆき)さん

発表テーマ / 採用ミスマッチを防ぐ!〜欲しい人材が見逃さない「PR求人票」の作り方

 

 

私は、3度目のチャレンジでした。

過去2度そして今回も、持ちネタ「欲しい人材に響く!求人票の書き方」でのエントリーでした。グランプリでは、パワーポイントも使えません。時間15分と僅かです。その条件で、審査員のみなさまに「いかに伝えるか」。

そのために、自分の持ちネタを「どこまで絞り込み・凝縮できるか」。私自身、何十回コンテンツを練り直したでしょう。ですが、この課題に向き合うことで、「本当に伝えたいブレない太い幹」ができました。

現在は、商工会議所・産創館様から登壇のご依頼を頂き、主催者・受講者みなさまから「大変満足」との評価を頂いています。講師を目指すみなさま、ぜひチャレンジされることをお勧めします。



─────────────────────────────────────────── 

【過去出場者の感想】

 

東京大会に出場させて頂きました。

私を知らない参加者の前で、どれぐらい話せて共感を得ることができるか。またプロ講師である審査員から、どのような評価を頂けるのかを知りたくて申込みました。

10分という持ち時間の中に自分を最大限に引き出す。伝えたいことを構成し、詰め込み過ぎず、分かりやすく、笑いも入れて、ストーリーを考え、役に立つコンテンツで・・・大変でしたが、この経験が今後の講師活動に大変役立ちました。真剣な状況で練習を積むと物事は飛躍的に上達します。その状況を作り出せただけでもオーディションに申し込んだ価値がありました。またオーディション後は、御縁を頂いた講師派遣会社と契約を結び、仕事も頂けるようになりました。

【東京】第1回 優勝   税理士  石川 和男さん



私は第2回のオーディションに出させていただきました。出る前はいろいろ考えると思います。私が出場した最も大きな理由はプロの審査員に客観的な評価をしてもらいたい、ということでした。これまでセミナー講師は何度もやってきましたが、経験をつめばつむほど他の方から批評してもらうことは少なくなります。もっとも怖いのは自分が気づかない欠点がそのままになること。そうならないためには自分からすすんで批評を受けに行くことが必要です。きっとすばらしい経験と、審査員の先生やみなさまからのコメントという宝物を得ることができると思います。

ビジネスプレゼンサポーター  新名 史典 さん



キャリアShuka のセミナー講師デビュープロジェクトを卒業してから、ぼちぼちと講師業をしていましたが、オーディションは、「プロ講師になる方法」の著者で、プロ講師を送りだすプロの安宅さんが審査員ということもあったので、プロの目で厳しいフィードバックが欲しいと思い参加しました。女性は、男性に比べて、結婚・出産・子育て・介護など、自分以外の家族のために本当にやりたいことをあきらめてしまうことが多いのではないでしょうか?私は、オーディションに友人と参加し、優勝・準優勝を分け合いました。私は障害のある子どもの子育てで、夢をあきらめ、友人はお母さんの介護で仕事をあきらめ・・・でも、実力を持つ人は、いつからでも輝ける!そんな自信ときっかけをくれたのが講師オーデションでした。チャンスをつかんだ私たちは、今は依頼される講師になって、キラキラと輝いています。

【大阪】第1回 優勝   踊る保健師  徳永 京子さん



主催者の前川さんから背中を押され出場しました。コンテストということで普段の講演とは違った緊張があり楽しめました。10分でまとめるというのは本当に難しく、いいトレーニングにもなります。10分をうまくまとめることができれば30分でも1時間でも逆に余裕を持って話せるようになると思います。なんといっても、プロの方からのフィードバックが貴重な財産になりますね。また、このコンテストのおかげで大手エージェントから声がかかり、講師登録もさせていただきました。すでに、お仕事もいただいています。すごい効果です! 

販促コンサルタント  永田 仁史さん



自分の話が聞き手、審査員にどれだけ伝わるかを知りたくて応募しました。オーディション前にパソコンが壊れ、保存していた原稿を見る事が出来ず、全て頭の中で構成を組み立てていました。ですので、自分の話に自信が待てず、話の内容もまとめ切れなかったように思います。発表直前も心臓がドキドキで半ば強引にアドリブで話した感は否めなかったです。審査員の方々のコメントは的確で、私が足りなかった部分(構成力・話のまとまり)をご指摘頂き、今後の財産になりました。よもやの結果(2位)という結果を得て驚いています。何が良かったのか自分では理解できていない部分はありますが、オーディションを通じて多くの聴衆の前で話す度胸がついたこと、想いを持って語る事の大切さを学べました。聴衆の前で話し、審査員からのコメントを頂ける場はなかなかありません。是非オーデションという貴重な機会を多くの人に体験して欲しいと思います。

【大阪】第2回 準優勝   魂の語り部  山出 光文さん

 


───────────────────────────────────────────

【過去一般審査員の感想】

 

10分という短い時間で発表者の方の「伝えたい」気持ちが伝わりました。

おひとり、おひとり、いろいろなネタや隠し味をお持ちだなぁ、とお聞きしていて惹きこまれました。

現在加速中の方、これからエンジンのかかる方、様々な講師の方の想いに触れ、私自身のプラスとなりました。

ありがとうございました。次にお会いする時の本来のロングな内容が楽しみです。

【草別 妙さん OFFICE T project ライフキャリアプロデューサー】

 

自分も講師ですので、みなさんのトーク術や話の進め方がとても参考になりました!

ここまで高いレベルだとは予想していなかったので、すごく充実した時間になり、とても感謝しています。

【杉山 仁美さん 夢を叶える体づくり協会 GEAREO AGENCY 代表】

 

予想以上の白熱したセミナーに感動いたしました。

自分も使命感を持ち、楽しく喜んでいただけるセミナーをしたいと思いました。

【高橋 幸男さん (株)ユタカファーマシー 薬剤師】

 

今回は聞き手側で参加させていただいたのですが、実際に聞いてみて、聞き手サイドの立場での見え方ができたので、とても参考になりました。

また1つずつの発表の後に審査員の方からの指摘の部分がとても参考になり、自分がもし話す時には、こんなところに気を付ければいいんだな、というのが少しだけわかった気がしました。

【田島 寛規さん (株)Green Room Product 代表取締役】

 

パワーポイントなしでどう進めるのかの参考になりました。

10分程度であれパワーポイントなしの方が講師と受講者との距離が近づくということもわかりました。

短時間での話の進め方、立ち振る舞いも一人一人個性が違い、参考になりました。

【藤川 平さん】

 

みなさん本当にレベルが高くてとても刺激になりました!

その人ならではの想いや体験談をリアルで聞くことの素晴らしさは温度や空気感だと思いました。

司会の方の心配りも素晴らしく、審査員の方々の視点などもとても良かったです!ありがとうございました。

【弁天 ラミさん Mesell 代表】


 

───────────────────────────────────────────

 さあ、今こそあなたが人前で伝えましょう。  〜プロデューサー 前川 あゆ〜

 

数年前から、講師に関する書籍や講師養成スクールが増えてきました。

以前と違い何か特別な体験をした方でなくても

身近な存在、等身大の講師が求められています。

つまり、誰にでも講師になれる可能性があります。

今までの仕事のキャリアや経験が人や社会の役に立つのです。

 

私は、5,000本を超えるセミナーに関わり、

講師を100人以上プロデュースしている経験から、

「講師になりたい、でもその方法がわからない」という人が

人気講師になっていく、という変化や過程に数多く関わっています。

 

誰でも初めは初心者です。自信もありません。

でも、「決断」と「情熱」と「きっかけ」があれば人はどんどん変化していくのです。

あなたの話を聞いて勇気付けられる人が必ずいます。

そのための「一歩」を、ぜひこの「セミナー講師グランプリ」という場で踏み出してください。

あなたにとって、大きな「きっかけ」になるはずです。

私はプロデューサーとして、未来の人気講師を応援しています。




■□---------------------------------------□■

    内 容

■□---------------------------------------□■

 

【発表者(ひとり15〜20分)】 7名 ※書類選考を通過した方 

  一般 10,800円 

  ビジネス実践塾会員、前川あゆプロジェクト参加者 8,640円  

  再チャレンジの方(過去の発表者) 5,400円  ※優勝者以外は参加可能

 

 

【一般審査員】

  先着15名 4,320円(音声CD、小冊子などのお土産付き)

  ※聴講する参加者が全員で審査をするという内容です。

   特に現役講師の方、講師を目指している方、セミナー主催者、研修担当者の方にはおすすめです。

  

 

【発表者特典】

◆優勝者

◇ 平野友朗さん、前川あゆのそれぞれと共催セミナーができる!

◇ アイ・コミュニケーションのセミナールームを1回無料で利用

◇ 前川あゆのブログやフェイスブックで紹介

◇ 平野友朗さんと対談(音声教材)の可能性



◆発表者全員にチャンス!

◇ 今後の講師活動に有益な人脈がいっきにできます。

◇ 大手講師派遣会社やセミナー主催者から仕事依頼の可能性

◇  内容がよければ、商業出版につながる可能性



◆発表エントリー者の特典

◇ 前川あゆ&平野友朗さんが直接指導する、

   講師のための「共感」プレゼンテーション講座(東京8/30 大阪9/13)

   に半額の5,400円で参加できます。各々にあわせて、ポイントをおさえたアドバイスあり



◆一般審査員にもチャンス!

 ◇ 白熱するプレゼンが一度に見れます。

 ◇ 講師や審査員のパフォーマンス、コメントがあなたの今後に役立ちます。

 ◇ 当日、講師として引っ張りだこの平野友朗さんと前川あゆのミニ講座が聞けます。



■□----------------------------------------------------------------□■  

  審査員 平野 友朗(ひらの ともあき)

■□----------------------------------------------------------------□■

 

株式会社アイ・コミュニケーション 代表取締役、一般社団法人日本ビジネスメール協会 代表理事

 

1974年、北海道生まれ。筑波大学人間学類(認知心理学専攻)卒業後、広告代理店勤務を経て、日本初のメルマガ専門コンサルタントとして独立後、アイ・コミュニケーション設立。

 

メールを活用したブランディングや販売促進を支援。メルマガの改善だけではマーケティング課題は解決できないことから、周辺領域であるウェブマーケティングの分野にも支援の幅を広げる。

 

その後、ビジネスメールスキルの標準化を目指し、日本初のビジネスメール教育事業を立ち上げる。個人のメールスキル向上指導、組織のメールのルール策定、メールの効率化による業務改善などを手掛ける。官公庁、企業、学校、団体、商工会議所などへのコンサルティングや講演・研修回数は年間80回を超える。2013年に、一般社団法人日本ビジネスメール協会を設立。認定講師を養成し、ビジネスメールの教育者を日本全国に送り出している。

 

また、一人の起業家としての活動から法人組織化への道のり、事業の多角化で蓄積したビジネスノウハウを提供する通信教育事業「ビジネス実践塾」を展開中。



■平野友朗のメルマガ『0.1%の成長』購読はこちらから

 http://www.sc-p.jp/products/mail/index.html


  

■□----------------------------------------------------------------□■  

  審査員 前川 あゆ(まえかわ あゆ)

■□----------------------------------------------------------------□■

株式会社Shuka Berry 代表取締役 共感の営業育成コンサルタント

 

化粧品や住宅リフォーム、法人向けの広告企画営業などで、売上日本一をはじめ輝かしい実績多数。特に女性客向けの営業、販売が得意。小さな会社にいながら大手の有名ライバル企業と比較される中で、悩みながらも「小さなお店や会社や個人が、値引きやお願い営業をすることなく『ありがとう』と感謝されて、売れるためのブランディング術」を考案したこことで、成果を上げる。

 

現在では、講師、コンサルタントとして、研修・講演・セミナー・コンサルティングでその独自の手法をわかりやすく伝えている。使命は「売り手も買い手もハッピー♪」

 

プライベートでは、高校1年生女の子の母。趣味は、美味しいお酒と食事、ゆるいダイエット、トイプードル(オス4歳)と遊ぶこと、ドラマ、漫才鑑賞。



───────────────────────────────────────────


【セミナー講師グランプリ詳細】

 

日時:第7回 大阪 10月24日(土)13:00〜17:00

   第8回 東京 10月31日(土)13:00〜17:00


参加費:

【発表者(ひとり15〜20分)】7名  ※書類選考を通過した方

  一般 10,800円 

  ビジネス実践塾会員、前川あゆプロジェクト参加者 8,640円  

  再チャレンジの方(過去の発表者) 5,400円  ※優勝者以外は参加可能

   ※エントリー後、応募書類をメール送付いただき、後日結果を通知。

     審査料は無料。参加費支払いは審査通過者のみ 

 

【一般審査員】

  先着15名 4,320円(音声CD、小冊子などのお土産付き)

  ※聴講する参加者が全員で審査をするという内容です。

   特に現役講師の方、講師を目指している方、セミナー主催者、研修担当者の方にはおすすめです。


 

定員:発表者 7名 / 一般審査員 15名 

 

 

開催場所:大阪 新大阪駅近くの会議室 

     東京 アイ・コミュニケーション セミナールーム

              東京都千代田区神田小川町2-1キムラビル5階

 

 

受付締切:発表者エントリー締切は9/30(水) 

     一般審査員は15名に達し次第締切



終了後の懇親会:希望者のみ ※事前要予約、費用は別途当日実費精算、懇親会のみの参加は不可 

 


【発表者エントリー、一般審査員のお申し込みは こちらからどうぞ】

 セミナー申し込み 

 

 

 

※お申込いただきました情報は、株式会社Shuka Berryと株式会社アイ・コミュニケーションの

 2社で共有させていただきます。

※定員に達しましたら受付を終了します。終了案内はこのページに掲載します。

※お申込み後、お振込の確定をもって「予約完了」となります。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【共感営業のノウハウが満載の本】お客様の満足をとことん引き出す「共感」の営業

【無料 参加者募集!】営業マン10000人応援プロジェクト



メルマガ「前川あゆの共感営業のヒント」


2015/07/03

主催:株式会社Shuka Berry  協力:株式会社アイ・コミュニケーション

 

人前で話す人や、講師を目指す人を対象に

「受講者の心をつかみ、伝わるように伝える」

スキルを身につける講座を東京と大阪で開催します。

 



「ちょっと今度のイベントで話してくれる?」「ちょっと講師してくれないかな?」

と突然言われたことはありませんか?

年齢やキャリアを重ねれば重ねるほど

人前で「ちょっとしゃべってくれる?」という機会が多くなっていきますよね。



実はふだんから話し上手な方が得意かというとそうでもありません。

1対1の会話と、人前でうまく話す技術は違うものなんです。

人前で自分をうまく表現する「スピーチ力」を身につけると

あらゆる場面で役立てることができます。



特に短い時間で要点をまとめて話すには

そのノウハウをしっかり学んで

練習をすることが必要です。

 

人前で話して、あなたの想いを伝える技術を身につけませんか?



今回の講座では

企業や商工会議所から引っ張りだこの講師で、

次世代の講師育成にも尽力を注いでいる、平野友朗と前川あゆが

受講者と依頼者を惹きつけてリピートにつながり、講師として最大の強みになる

表現力=プレゼンテーション力を身につける方法についてレクチャーします。

16名限定でひとりひとりの改善ポイントを伝えて指導するので即効性があります!



あなたが次対象者にあてはまるなら、ぜひ今回のセミナーにご参加ください

 

近々「スピーチ」「発表」「プレゼンテーション」が決まっている

人前でとにかくうまく話せるようになりたい

朝礼や会議で気の利いたひとことが言えるようになりたい

営業や接客、交渉で相手の心がつかめるようになりたい

講座の終了後に、次の仕事が依頼される講師になりたい

笑わせる、泣かせる、コツをつかみたい




講師/ 平野友朗からのメッセージ

 

==========================

講師の役割は、

 

良いコンテンツを届けるだけだ。

==========================

 

そう思い込んでいませんか?



内容さえ良ければ、あとは受け取る側の問題。

 

「あまり役に立たなかった」

 

という評価をつけられて

 

「聞く態度が悪い」

「もっとレベルの高い受講生だったら良かったのに」

 

そう思ったことはありませんか?

 

いわゆる「講演」なら、

あなたの話を聞きたいから集まってきているはずです。

 

そのため、正直難易度は低いでしょう。

そのような姿勢でもいいかもしれません。



では、次の場合はどうでしょうか?

 

「講師から指名を受けて、急に30分くらい話すことになった」

「企業研修で、講師を務めることになった」

「商工会議所からの要請で、セミナー開催する事になった」

 

つまり・・・あなたの興味が無い人が来るわけです。

 

スタートしてわずか数分。

そこで聞くか聞かないかを判断します。

 

私も会社員時代は、研修は寝る時間。

講師によってはそのように割り切っていました。

 

(もちろん、褒められた話ではないですが、これが現実です)



講師は、

 

●聴衆の興味を引かなくてはいけません。

●15分、30分、60分、など決められた時間を有効に使うべきです。

●相手が誰であっても「聞く姿勢」にするべきです。

 

こうみると一気に難しくなります。

 

しかし、よく考えてみてください。

 

人前で話す機会がある人は、

何かトレーニングを受けたことはありますか?

 

本を買って勉強しても、

なかなか自分を客観視できず身になりません。

 

私は、自分の講演を何百回となく動画にとって確認してきました。

そして今のスタイルを確立しました。

 

今でも、身体の向きや、声の張り具合、目線。

そういった細かい点を俯瞰して見られるように訓練を続けています。

 

でもそれって、正直遠回りです(笑)

 

ベストな方法は、アドバイスできる人からアドバイスしてもらうこと。

 

本に書いている一般的な情報よりも

「あなたのための情報」がもらえます。

 

だから成長が早いわけです。



■平野友朗のメルマガ『0.1%の成長』にも掲載

 購読はこちらから

 http://www.sc-p.jp/products/mail/index.html




講師/ 前川あゆからのメッセージ

 

人前で話すということは

会議、朝礼、夕礼はもちろん、営業、接客、商談や交渉、

はたまたプライベートでの会話の中でもある

いわゆる普段のコミュニケーションスキルです。

 

欧米は小学校から人前でひとりで話すことを実践的に教えていますが

残念ながら日本の義務教育ではそのような機会がありません。

その差は歴然ですよね。

日本では大人が自ら学ぶしかないんです。

天才的な人も中にはいるかもしれませんが、

うまいな〜と思う講師や人前で話す人は

プロにきちんと習った人が多いものです。

 

このスキルは身につけておいて損はありません!

すぐに使っていただける即効性もあり、おすすめです。

参加いただいた方の興味や状況に合わせて、指導させていただくための

少人数制です。3時間30分でしっかりマスターしていただけます。

ぜひご期待の上ご参加ください。

去年はあっという間に定員に達してしまったので

お早めのお申込くださいね。




【セミナーカリキュラム】 

人前に立つ時の心がけ

見せ方(外見、姿勢、仕草

話すテーマの選び方

話の構成のコツ

 ・3〜5分、10分〜15分、30分のスピーチやプレゼンのコツ

 ・60分を超えるセミナーや講演のコツ

受講者に届く伝え方

巻き込みのハンドリング

「人気講師」を目指すために大切なこと



■□----------------------------------------------------------------□■  

  講師  平野 友朗(ひらの ともあき)

■□----------------------------------------------------------------□■

 

株式会社アイ・コミュニケーション 代表取締役 一般社団法人日本ビジネスメール協会 代表理事

 

1974年、北海道生まれ。筑波大学人間学類(認知心理学専攻)卒業後、広告代理店勤務を経て、日本初のメルマガ専門コンサルタントとして独立後、アイ・コミュニケーション設立。

 

メールを活用したブランディングや販売促進を支援。メルマガの改善だけではマーケティング課題は解決できないことから、周辺領域であるウェブマーケティングの分野にも支援の幅を広げる。

 

その後、ビジネスメールスキルの標準化を目指し、日本初のビジネスメール教育事業を立ち上げる。個人のメールスキル向上指導、組織のメールのルール策定、メールの効率化による業務改善などを手掛ける。官公庁、企業、学校、団体、商工会議所などへのコンサルティングや講演・研修回数は年間80回を超える。2013年に、一般社団法人日本ビジネスメール協会を設立。認定講師を養成し、ビジネスメールの教育者を日本全国に送り出している。

 

また、一人の起業家としての活動から法人組織化への道のり、事業の多角化で蓄積したビジネスノウハウを提供する通信教育事業「ビジネス実践塾」を展開中。

 

■□----------------------------------------------------------------□■  

  講師 前川 あゆ(まえかわ あゆ)

■□----------------------------------------------------------------□■

株式会社Shuka Berry 代表取締役 共感の営業育成コンサルタント

 

化粧品や住宅リフォーム、法人向けの広告企画営業などで、売上日本一をはじめ輝かしい実績多数。特に女性客向けの営業、販売が得意。小さな会社にいながら大手の有名ライバル企業と比較される中で、悩みながらも「小さなお店や会社や個人が、値引きやお願い営業をすることなく『ありがとう』と感謝されて、売れるためのブランディング術」を考案したこことで、成果を上げる。

 

現在では、講師、コンサルタントとして、研修・講演・セミナー・コンサルティングでその独自の手法をわかりやすく伝えている。使命は「売り手も買い手もハッピー♪」

 

プライベートでは、高校1年生女の子の母。趣味は、美味しいお酒と食事、ゆるいダイエット、トイプードル(オス4歳)と遊ぶこと、ドラマ、漫才鑑賞。




 

日時:【大阪】9月5日(土) 【東京】9月12日(土)  

   両日とも13:30〜17:00



受講費:一般 10,800円

    ビジネス実践塾会員・前川あゆプロジェクト卒業生 8,640円

    セミナー講師グランプリ発表エントリー者 5,400円

 


セミナー講師グランプリは人前でのプレゼンテーションスキルを競う一般参加型イベントです

 10/24大阪 10/31東京  (発表者募集中・今回のセミナーと同時申込可能) 

 詳細はこちらでご確認ください!




定員各地とも 先着16名限定 

 

東京会場アイ・コミュニケーション セミナールーム

     東京都千代田区神田小川町2-1キムラビル5階

 

大阪会場JR新大阪駅近くの会議室 ※参加者に後日連絡

 


終了後に懇親会:希望者のみ 

※事前要予約、費用は別途当日実費精算

 

 

【お申し込みは下記からどうぞ】


 セミナー申し込み



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【共感営業のノウハウが満載の本】お客様の満足をとことん引き出す「共感」の営業

【無料 参加者募集!】営業マン10000人応援プロジェクト







2015/07/01 共感できる言葉と共感できない言葉
共感の営業コンサルタント 前川あゆです。

言葉って大切ですよね。
特に女性客の場合は、感覚で判断したり
一瞬で気分が変わったりするので、
私は発する言葉のひとつひとつにとても注意しています。


私が嫌だな〜と感じるのは
ネガティブ系、煽り系、脅し系、流行り言葉などです。
例えば「パクる」という言葉。
気の合う友達同士や飲み会の席なら
ノリとして良いですし
戦略的にインパクトを残すために
本人が納得して使うのであれば良いでしょう。


ただそうでなく無意識で使っている方がいます。
「前川さんの本を読んでパクらせてもらってます」
「前川さんの今日のセミナーからパクらせてもらいますね」
「これ実はネットからのパクリなんですよ」
このように言われることがあります。
すごく嫌〜な気分になります。
「軽く扱っている」というネガティブな印象を持ちます。


これって言い方ひとつなんですよね。
例えば同じ様な意味でも
「引用させてもらってます」(※引用元として名前を言ってもらうとなお良い)
「参考にさせてもらっています」
「影響されています」
「インスパイアされました」
と言われれると受け取る側も変わってきます。


そしてその前に
「すごくよかったので」
「とても共感されたので」と
つけることで、そのあとの相手の気持ちもさらに変わってきます。


言葉って使い方ひとつだと思うんですね。
私のように講演や執筆をしている方は
不特定多数の方に配慮して発信することを心がけていますが
1対1の接客や営業も同じです。
ひとつひとつの言葉が相手の気持ちを左右させるので
相手を不快にさせない、という配慮や気づかいが大事です。
デキル営業社員は、そういったところもしっかりと意識しています。





2015/07/01 優秀な営業マン&営業ウーマンのたったひとつの特徴
共感の営業コンサルタント 前川あゆです。

私は20年以上トップセールスとして活躍してきました。
化粧品、住宅リフォーム、広告、どの分野でも一番売っていました。
現在は、コンサルタントや講師として全国のあらゆる業界の
営業マン&営業ウーマンに「共感営業」の研修をしているのですが、
優秀な営業とそうでない営業、その違いは明確です。


営業(販売も含む)が優秀であるかどうか、それは数字を稼いでいるかどうか、
つまり売り続けている営業、会社の求めるノルマを達成している営業が優秀なんです。
営業や販売ほど成果が誰にもわかりやすい職種はないですよね。


私自身の経験や後輩を育成した経験、そしてコンサルタントとして他業種の
営業マン&ウーマンに関わった経験から、優秀な営業マン&営業ウーマンの
たったひとつの特徴について私の見解をお伝えします。



それはズバリ!

「素直な人」です!


営業の方法について
先輩から言われたり、本を読んだり、研修やセミナーで学んだら
「そうなんだ」といったん受け止めれる人。
そして「一回やってみよう。」と行動に移せる人。


素直じゃない人は
「そんなの知ってる」
「どうせ無理に決まってる」
「自分のやり方にはあわない」
「でも今までのと違う」
と、はなから拒否です。


いったんやってから、自分に合うかどうか、
合わなくても自分に合うように一部をカスタマイズしたり
合う一部だけ取り入れたらいいのです。


営業のスタイルや方法に「正解」なんてありません。
あるのは基礎、王道、業界や会社のルールや習わしです。
それらを身につけてやっていった後は
自分に合う営業スタイルを作り出せばいいんです。
やる前からすべてシャットアウトしている様じゃもったいないんですよ。


できる営業マン&ウーマンほど
研修での態度は、貪欲なほど真面目に取り組んで
もっと成長しようとします。
態度を見たり少し会話をしただけでも、優秀な営業マン&ウーマンか
どうかが伝わってきます。


もし、この文章を読んで思い当たる節のある方は
「どうせ」「でも」という言葉を封印して
まずは素直に受け止める努力をしてみてくださいね。







研修・講演ご依頼、お問い合わせ、マンツーマンサポートお申込みはこちら

お問い合わせはこちら

  • 営業や販売員がどんどん売ってくれる会社にしたい!
  • お客様満足度の高い営業組織をつくりたい!
  • 女性客への売り方を知りたい!
  • 個人のブランディングをしたい!

まずは、御社やあなたの課題やミッションをお聞かせください。

私にできる、御社にちょうどいい研修内容やサポートプランを提案します。


株式会社Shuka Berry

☎ 050-3369-1667 電話受付/9:00〜18:00

株式会社Shuka Berry 大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル9階[アクセス]


ご依頼・お問い合わせマンツーマンサポートお申込み